スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZに行った時の話(その1)

出発~オマラマへ

ただいま、手首と膝と首を負傷中で、バイクに乗れません。
ので、昔の旅行記などをちょっとずつUPしようかと。

3年半前にニュージーランドにグライダーに乗りに行った時の話なんですが、
ちょっとまとめておきますね。


成田

成田空港です。旅の相棒の『中くまくん』です。


飛行機

実は成田にいる頃から調子が悪くなり、機内で嘔吐を繰り返し、ヘロヘロになりながら、
クライストチャーチ空港に到着。


空港

クライストチャーチ空港。本当は、ここから国内線に乗り換えて、さらに南のクィーンズタウン空港まで行き、
そこからバスに乗って目的地に行く予定でしたが、偶然にも空港で知り合いに会い、
その人がレンタカーを借りていたので、国内線をキャンセルし、便乗させてもらいました。
地球って狭いのねん。


スーパー

現地では基本的に自炊なので、途中の街のスーパーで買出し。

omarama 看板

今回の目的地『オマラマ』は右のようです。

湖とくま

途中、湖があったので、休憩がてらちょっと寄り道してパチリ。

お土産1

目的地『オマラマ』に到着です。本当に小さな町で、このお土産屋さんと、

お土産2

このお土産屋さんと、

お土産3

このお土産屋さんと、

ラム屋

このお土産屋さん兼ラムレストランと、あとガソリンスタンドと数件のホテルぐらいで街ができている感じでした。

この小さな街に何をしに来たかというと、その話は次回に。


(つづきます)

スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

NZに行った時の話(その2)

オマラマ滑空場

クラブハウス

今日から数日間お世話になる、オマラマの滑空場のクラブハウス。

ブリーフィング

朝、この部屋で、気象状況などのブリーフィングがあります。

グライダー全体

あ、ここを読んでくださっている方の大半は、なんの話???と、思っていらっしゃると思います。
簡単に言うと、コレに乗って、山を飛びに行って来ました。


コクピットから

コクピットからの写真。

翼端 雲海

到着した初日から、ウェーブに乗れて、雲海の上を飛ぶことが出来ました。

翼端 山斜面

風が、山の斜面に当たって、斜面を駆け上がる『斜面上昇風』を使って飛ぶので、
斜面にけっこう近いところを飛びます。

山 遠景

けっこう山深いところまで入っていきます。

山 近景

真夏なんですが、山の上は雪がたっぷり。

上空から湖

上空からみた湖。

山 夕景

フライトを終えて、滑空場まで帰ってきました。

キウィ達。

ニュージーランドの若者たち。キウィ、っていうのかな?

スープ

滑空場内にあるお店でスープでお昼ごはん。

トレーラーハウス

滞在中、宿として借りていたトレーラーハウス。

寝室

ベッド。あとから聞いたら、これは子供用で、大人はもっと大きなベッドがあったんだけど、そこに大きなスーツケースを広げてしまったので、最後まで(5日ぐらいいたのかな?)子供用のベッドで寝ていました。
ま、それほど寝相も悪く無いようで、窮屈にも感じませんでしたが。


本当に絶景に続く絶景だったのですが、動画を撮るのに夢中になり過ぎ、
それが原因で酔いまくり、途中から撮影を断念したので、
残念ながらあまり写真が残っていません。

ここで、それはそれは素敵な数日間を過ごし、
少しNZを観光して帰ってきました。

グライダーの話はこれでおしまい。

次回は、帰り道のNZ観光をもうちょっと。

(つづきます)

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

NZに行った時の話(その3)

帰路1日目

湖1

滑空場を後にして、再びレンタカーに便乗して、クライストチャーチに向かいます。
350kmぐらいあるので、湖がある所で休憩を取りつつ。

湖3

湖の色が独特の色をしているんですよね。
エメラルドグリーン、って、こういう色?

羊

この国は、人間よりも彼らのほうが数が多いらしいです。

大聖堂 昼

クライストチャーチに到着。
見てみたかった大聖堂。
今年の2月の地震で、この大聖堂の塔が崩壊してしまいました。

オラリ 看板

今日の宿は、B&B(ベッド&ブレックファースト)の『オラリ』

オラリ 外観

若いオーナーさんのいる、静かで素敵なところでした。

ベッド

ベッドルームはこんな感じ。

居間

居間。ここで、ゲストたちと、雑談なんかしながらコーヒーを飲むわけですが、
『あー、もっと真面目に英語勉強しとけば良かったー』って後悔しながら、
必死でよくわからない英語を一生懸命聞き取ろうとして疲れました。

トラム

宿に荷物を置いて、クライストチャーチの街を歩いてみました。
トラムがいっぱい走ってて、なんかいい雰囲気の街です。

船

これも乗ってみたかったけど、『おひとりさま』で舟に乗るのはいたたまれない気がして、
見学だけにしました。

大聖堂 夜

ちょっとピンぼけだけど、崩壊しちゃって、もう見られない光景なのでUP。

(もう1日、つづきます)

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

NZに行った時の話(その4 最終回)

クライストチャーチ~オークランド

何とかと煙は高いところに登りたがるそうで。
ワタシ、ケムリなものですから、翌朝、大聖堂に登ってみました。
登り切ったところに、『おめでとう』のメッセージ。
congratulations


134段、それほどでもなかったんですね。
もう、行けないんだなぁ、ここ。

大聖堂1

キリスト教徒なわけではないですが、
とりあえず、海外で教会や大聖堂があると、入らずにいられないワタシは、
やはり入ってみました。大聖堂。

大聖堂2

大聖堂3

大聖堂4

歴史とか、何も知らないんですが、なんか静かな優しい気持ちになれる気がして、
ひとりで延々と教会廻りをしたりするのも好きですね。

チェス

大聖堂から出てきた広場では、巨大なチェスをやっている人たちがいました。

ペンギンバス

ペンギンにも会いに行きたかったんだけど、時間がなくて断念。
あ、前から会いたかった『kiwi』には会ってきましたけどね、
写真のフラッシュや、携帯の着信音でショック死するかもしれないぐらい繊細な生き物だそうで、
カメラも携帯も持たない状態で、ようやく暗がりの中にいるkiwiをちょこっと見せてもらっただけなので、
写真はありません。


散歩

しばらく、クライストチャーチの町並みを歩いてみます。
いい街だなー、もう少し長期で滞在してみたいな、と思いました。

登山家

有名な登山家。だれだっけ? わりと不遇な人だった気がする・・・。

あ、えーと、キャプテン・スコット。南極点到達1号を目指してクライストチャーチを主発した英国人。
僅かの差でノルウェーのアムンゼン隊に遅れをとったうえ、帰路で遭難して命を落としてしまったそうな。


5ドルバス

ここから空港まで、5ドルで行ける乗合のマイクロバス。
これで空港まで行きました。

飛行機

日本からの直行便は、南島のクライストチャーチに着くんだけれど、
日本行きの便は北島のオークランドからしか出ていないので、
国内線でオークランドに移動です。

タワー

オークランドのスカイ・タワー。
このタワーの下にあるホテル、カジノがあるという事で、
人生変えてやろうと思ってココに泊まり、カジノに行ってみたんだけど、
そもそも遊び方がわからず、ウロウロするだけして、
人生変わることもなく、小銭をいくらか失って帰ってきました。

スープ

基本的に胃が小さいので、スープとビールとパン、ぐらいが食事にはちょうどいいです。
海外に行って、ちゃんとしたレストランに入って注文しちゃうと、
量が多すぎて食べきれなくて、
『まずいわけじゃないんだけど、胃が小さいから食べきれないのよ、ごめんなさい』
って、英語でうまく伝えられなくて気が滅入るので、スープとビールで済ませる、とか、多いです。

オークランド街並み

オークランドに1泊して、空港に向かう朝の、オークランドの町並みから1枚。


パノラマ01

ま、パノラマ写真も1枚ぐらいやってみました。



・・・この旅のために、xactiを購入し、動画撮影に必死になっていたので、
動画ではそこそこ記録が残っているのですが、
コレを3年前に編集したものを、ココにのっけようとしたら、
変換がうまく行かず。

再編集するほどの時間と熱意がないので、
ま、もしかしたらいずれUP出来るかもしれませんが、
とりあえずこの旅のレポートはこれでおしまい。

あー、またNZ行きたくなっちゃったよ・・・。


(おしまい)

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。