スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のチロルへ。

あんまり毎日、無線だネットだ、っていう話ばかりでもつまらないので、
たまにはツーリングの思い出話でも書こうかと。

11月上旬、そろそろバイクに乗るには朝がつらくなってきた頃、ワルキューレ乗りのTakaさんと、
『日本のチロル』と呼ばれる集落?を見に行った時の話。

朝、7時に、中央道藤野PA集合。寒すぎて、ホッカイロを買う。

今回の同行者(先導者)、Takaさんに『電熱インナー』なるモノの暖かさを、グローブだけ体験させてもらう。
暖かい!素晴らしい!
その場で、購入を決意。

その後、中央道を『諏訪』で降りて、R152『杖突峠』へ。

杖突峠からの絶景
杖突パノラマ大
(このパノラマ写真を載せたくてこの記事を書いてみた、ってのが本音。
もうちょっと写真の継ぎ目が綺麗に出来たかもしれないけど、こだわり始めるとキリがないんで。)


鹿ハンバーグ

高遠経由でR152を南下。お昼は『塩の里』で鹿肉ハンバーグ。
鹿、って言われなきゃ、普通のハンバーグと変わらない感じ、かな。

地蔵峠 最後のキレさん

地蔵峠。じつは、この写真が、中キレネンコさんとの最後の写真になってしまいました。
(次の休憩場所に着いたらいなかった・・・。中キレネンコさんはお星様になりました。)

しらびそ峠

中キレネンコさんがいないことに気付き、愕然としながらも、ずいぶん走っちゃった後だから、
諦めて小キレネンコさんと記念撮影。
山は、綺麗でした。

チロルへの道

しらびそ峠から、もう少し南下したところが、今日のメインターゲット、『ニッポンのチロル』
バイクを停めて、こんな道を10分ぐらいかな、歩きます。

チロル!

本日の目的地。『ニッポンのチロル』
昔々、落ち武者達が逃げ延びて、山の中に集落を作り、生活していたらしく、
このエリアは、山の中の川の近くに、このような集落がいくつかあるそうな。

そうそう、行く機会はないだろうけど、一度ぐらい、行ってみることをおすすめします。


山あいの景色

山と、バイクたちと、キレネンコさん。

国盗り公園

ここでポチッとすると、1000コバンのボーナスが・・・貰えません。
(内輪ネタ過ぎましたか、そうですね、すみません。)

巨大シカ

風の谷のナウシカ・・・いや、大シカ
(オヤジギャグにもなってませんか、そうですね、すみません。)

夕暮れ迫る2台

日が、暮れてきちゃったので、撮影もそろそろこのへんにして、先を急いだほうが良さそうです。

通行止

日頃の行いが悪いのか、1本道の帰り道が、がけ崩れで通行止め。
こんなに真っ暗なのに・・・。

一人だったら、怖くて絶対嫌だったんだけど、頼りになる同行者がいたので、
林道を抜けて東名吉田を目指します。

怖くて写真が撮れなかったんだけど、逃げるシカのお尻は見えるわ、イノシシはいるわタヌキはいるわ、
良くわからない動物の死体が転がってるわ、無料のナイトサファリ兼肝試し大会、みたいな。

林道を抜けて、大井川鉄道沿いの道を一目散に南下。
(この道、10月にも日没が迫ってて一目散に南下したんだよな・・・。
来年はゆっくりSLと並走しに行きたいな。)

吉田ICから東名に乗り、最後、港北PAでちょびっと時間調整して、24時になるのを待って、
帰り道は1000円で帰ってきましたとさ。

一日で670キロ、走りました。
日が長い時期なら行けるかもしれないけど、11月にこの距離はちょっと辛いし怖いかも、って思いましたです、はい。


スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

名古屋に『あんかけスパ』を食べに行ったはずの話。

名古屋に『あんかけスパ』を食べに行ったはずの話。

使い方がわからないまま、登録だけしていたツイッターで、
いきなり『GWに名古屋にあんかけスパを食べに行こう!』
と、ケァラさんからお誘い頂き。

どうやらケァラさんがツイッターでお友達とあんかけスパの話で盛り上がっていたみたいなんだけど、
その方達を私はフォローしていないので、話が見えず。
(あとからフォローさせて頂きましたが)


GW初日の4月29日、よくわからないまま、名古屋に向けて出発です。

牧之原?バイク2台

これは・・・牧之原?とんでもない渋滞にハマり続けて、あまり記憶がありません。

6時に世田谷を出発したら、いくらなんでも名古屋でランチにあんかけスパ、食べられると思っていたのですが。


三河トン丼

牧之原→岡崎 5時間以上』の電光掲示に、
どうあがいても15時終了のランチには間に合わないと判断し、あんかけスパを食べたつもりで食べる三河トン丼。


イタリー準備中

一応、行ってみた、目的地『イタリー』。あと2時間ぐらい早く着ければ良かったんですが。

その後、ケァラ姐さんは若いツバメにお友達に会いに行くために別行動。私は名古屋城へ。

名古屋城閉門

名古屋城に着いたら、とっくに拝観時間、終わってました(T_T)

店長のひとりごと

夜の宴会場所『店長のひとりごと』。いろいろ美味しゅうございました。
お話も楽しゅうございました。
銀さん、J.P.Kさん、ありがとうございました。

名鉄イン駐車場

今回の宿泊場所。名鉄イン名古屋金山。

今日は夜勤明けのkenkenさんに先導していただき、プチツー。

44451

半年前から、『44444』狙ってたんですが、前日まで覚えてたんですが、
起きたら忘れてて、7キロ過ぎてから気づきました(T_T)

ちなみに、この写真を撮ろうと思った時に、長年連れ添った相棒がいなくなっていることに気づき・・・(T_T)

途中で宿泊したホテルに電話をかけて、『駐車場にピンクのウサギのマスコットが落ちていないか探して頂けないでしょうか?』って聞いてみたんだけど、だめでした。

北海道にも、福島にも、日光にも、パリにも、スウェーデンにも、富士山にも、どこに行くにも必ず一緒だったのに・・・・・・(T_T)
ごめんなさい、キレネンコさん。ごめんなさい、りっちゃん。大事にします、って約束したのに・・・。


道の駅つくで?

バイクがいっぱいいました。道の駅つくで?

ジャンボフランク

ここの名物らしいジャンボフランク。私は食べきれなさそうなのでふつうサイズ。
ケァラさん、ごちそうさまでした。

三日日インターでkenkenさんとお別れして、あとは東名を一路東京へ。


浜名湖うなぎ

浜名湖SAで食べた・・・トロたまうなぎ丼?名前うろ覚え。


その後、すり抜けの苦手な私はケァラさんに引っ張って頂いてなんとか帰ってきました。

ケァラさん、連れて行って頂いてありがとうございました。
現地で遊んでいただいた方、どうもありがとうございました。

また遊んでいただければ幸いです。



・・・・なんかバイクの写真が殆どなくて食べ物の写真ばっかりだったりする?

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

キレネンコがゆく。

(※諸般の事情により、司馬遼太郎風味でお送りしています。)

『キレさんは船が好き?』
『大好きだ、ケァラさん、相談だが、こっそり藩邸を抜け出て、黒船に忍びこんでみる気はないか』

その夜、キレネンコはケァラとYUKOを連れ、夜影にまぎれて三人で東京の藩邸を抜けだしたのである。
見つかれば、軽くて切腹、重ければ打首だろう。

目指す相手は、浦賀の沖に浮かぶ米国艦隊であった。

久里浜ターミナル

余談だが、この日、YUKOの二度寝により、藩邸を出るのが20分ほど遅れ、
久里浜の港に着いた時には日は高く登りつつあった。
この遅れが、のちの幕末の風雲の歴史を大きく変えることに・・・はならなかった。
(あーよかった(^_^;))

久里浜ラーメン

船の出航まですこし時間があるので、キレネンコはラーメンで腹ごしらえをすることにした。
キレネンコはシンプルなラーメンがかなり好きであった。

東京湾。

黒船に乗り込むと、ほどなく、『しらはま丸』は出港した。
目指すは東京湾の対岸『安房の国』である。

崖観音、バイク置き場から。

安房の国に、『崖観音』という場所がある。

船形山中腹にあり、断崖の途中にはりついたように観音堂が造られていることから、
通称「崖の観音」と呼ばれている。観音堂背後に高さ 1.5mの磨崖十一面観音像があり、
館山市の有形文化財に指定されているという。

崖観音、石碑とうさぎ。

石碑の中程からキレネンコが顔を覗かせている。
余談だが、その刻限、石の後ろでケァラがキレネンコを支えていたことは筆者のみが知ることである。

崖観音からの眺め


安房の国は、ほどよく晴れている。
先を急ごう。

千枚田とZRX

キレネンコ達一行は、『大山千枚田』へとやってきた。
ちょうど田植えをした直後なのであろう。
心地良い風が吹いている。

千枚田とウサギの背中。

(このまま一日中そよ風に吹かれながら千枚田を眺めていたい)
と、キレネンコは思っている。


Wとうさぎ

気がつくと、キレネンコがケァラの馬の後ろに座っている。
余談ではあるが...。
この状態で走りだして、今までに二人のキレネンコが一人旅に出てしまっているので、
このキレネンコは3代目である。
キレネンコはYUKOの胸ポケットに戻り、旅を続けることにした。

牛丼うさぎ

『まきばの牛丼』1,000円。
ここで、YUKOは小さな驚きをもった。
つまり、観光地価格、なのだろう。
(これだったら、すき家の牛丼を4回食べたほうが良かったのではないか)
と、思わざるをえない。

海ほたる

三人は、アクアラインの『海ほたる』にやってきた。

強い風が、吹いている。
さすがに3代目キレネンコとの初めての旅でキレネンコが吹き飛ばされてしまっては泣くに泣けないので、
YUKOは必死にキレネンコを支えている。


幸せの鐘

そこには、ケァラとYUKOの幸せを祈って幸せの鐘を鳴らしてくれるキレネンコがいた。


軌跡 地図

6時20分発、18時20分帰着。
走行距離245km。
燃費16.1km/l

で、あった。



-完-



(うわ、ダメだ、司馬風味、難しい(T_T)。ケァラ姐さん、呼び捨てにしてごめんなさいm(__)m)

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

志賀草津に雪の壁を見にいくツーリング

2011年5月19日(木)晴れ。

高坂SA

溶ける前に『雪の壁』を見に行こう!
ということで、午前7:30に関越高坂SAに集合。
今日の同行者はワルキューレのTakaさん。


白糸の滝

軽井沢を抜けて、『白糸の滝』へ。
移動教室の小学生集団が去るのを待ってパチリ。

浅間山

浅間山!
駐車場は貸切状態!
(っていうことにしておきましょう。)

雪の回廊

志賀草津道路の雪の壁。
かなり気温は高かったんですけどね、思ってたよりずっとたくさん残ってました、雪。

パノラマ

つなぎ目のぼかし方を学ばないのでいっこうに成長しないパノラマ技術。
(そのうち勉強します)

最高地点

国道最高地点。
定番の撮影ポイント。

横手山?

横手山の近くで。

小布施お昼

志賀草津道路を抜けて、小布施『桜井甘精堂 泉石亭』で栗ごはんと天ぷらとお蕎麦のお昼。
(タンク容量の小さい私は予想通り食べきれませんでした(T_T))

海野宿2

菅平を抜けて南下。ツーマプ関東甲信越P61E1、『海野宿』に到着。

海野宿1

こんな感じの街並みが続きます。

海野宿3

ちょっと素敵な場所です。

清里展望台

清里の近くの平沢峠展望台。
それにしても、清里ってさびれちゃったよなぁ・・・。


韮崎から中央道に乗って、八王子で解散。
そこからは一人だったのでお気楽にダラダラと工事渋滞にハマって帰ってきました。

軌跡

本日の走行距離、574km。
燃費18.5km/l でした。

ZRX、リザーブタンク使わずに300km走れた(^^)
そのあと給油しちゃったので、何キロ走れたのかはわからず。

Takaさん、どうもありがとうございました。



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

志賀草津道路動画練習編。

[広告] VPS


ちょっと実験中。

mixiと同じ影像だけど、風の音とエンジン音付き。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。