FC2ブログ

2019 余市蒸留所見学&トマムに雲海リベンジ

そうだ、北海道行こう!


最近、北海道、行ってないなぁ・・・とは常日頃思っていて。
あー、うにの季節だ、とも、思っていて。
トマムの雲海を見られなかったのは何年前だっけ・・・とも思っていて。
知り合いからウィスキーの蒸留所見学の話を聞いて、行ってみたくなったこともあり。
帯広の友人から『遊びに来て』と、お誘い頂いていたこともあり。

お、ちょうど3連休があるから行っとけ!
ということで、久しぶりに『試される大地』へ。

ねんりんや
まずは羽田空港の、『ねんりん屋』のバームクーヘンで旅が始まります。

着陸前エンジン
いつもは翼の後ろ側に座るので、こっちは新鮮な眺め。

空港十勝蕎麦
新千歳空港で、山菜蕎麦。

この日は、車を借りて、北広島の友人と30分だけ会ってもらって、北広島の定宿に宿泊。


一夜明けて、車で80分ぐらいかな、余市蒸留所に到着しました。
余市駐車場ゲート
車での来場者は、裏(南)側のゲートから入ります。

開門。
朝イチ(9:00)の見学コースに申し込んでいたので、門の前で待ち、8:45開門。

蒸留所中の風景
一番乗りで、誰もいない工場内を反対方向に歩く形で受付に向かいます。

蒸留所丸看板
入口近くにある『ニッカウヰスキー北海道工場』の記念撮影スポット。

蒸留所ガイドマップ
私は車で行ったので、正面入り口の写真がありませんが、
電車で来た人は、正面入り口(マップ下側)から入って、
順番に工場を見学する形になります。

事前に工場見学を予約していたので、ガイドさんがついてくれて、
説明を受けながら工場を見学していきます。

乾燥棟
看板しか撮ってないけど、まずは乾燥棟で、ウィスキーの原料となる大麦を乾燥させます。

で、製造工程から行くと、次は『糖化』の行程があるのですが、
工場内の施設のの位置の関係で、斜め前にある『蒸留棟』へ
蒸留棟
ここに並んでいるのが、単式蒸留器『ポットスチル』

蒸留棟石炭
余市蒸留所では、ウィスキーの出来具合を安定させるため、
夏と冬にはウィスキー造りは行わないそうです。
ホームページによると、今年は7月13日で製造を終了したそうで、
私が訪問した7月15日にはここは稼働していませんでした。
工場稼働時に見学に行くと、実際に石炭をくべる作業も見られるそうですが・・・熱くないのかな・・・。

しめ縄
ポットスチル上部には、『しめ縄』
創業者の竹鶴さん(マッサン)の実家が広島の造り酒屋さんだったからみたい。

乾燥した麦芽は、粉砕棟で粉砕されて、糖化槽で甘い麦汁に。
(↑外部からの見学だったこともあって、写真なし)

発酵棟タンク
ここが発酵棟のタンク。ここで麦汁を発酵させて、アルコール成分のある液体になります。
で、さっき見学したポットスチルにいく流れかな。

旧事務所
ここからは、ニッカウィスキーの歴史をたどる建物見学な感じ。
この建物からニッカウィスキーは始まりました。
もとは『大日本果汁株式会社』、これを省略して、日果→ニッカ
なんですって。

リタハウス
事務所や研究所として使われていた『リタハウス』

リタハウス正面
おなじく『リタハウス』正面。マッサンの奥さんの名前から取って、リタハウス、らしいのですが。
朝ドラでシャロやんが演じてたマッサンの奥さん、『エリー』じゃなかった?
『リタ』じゃダメな理由があったのかな?
ちょっとググったんだけどわかりません。


旧竹鶴邸
旧竹鶴邸。マッサンとリタが実際に住んでいた家を、平成になってからこの土地に移設。
障子の中にカーテンが引いてあったりと、和洋折衷な家。
玄関の石のアーチは、リタの実家にそっくりにマッサンが作ってあげたんですって。


1号貯蔵庫
さらに少し歩いて、設立当時からある1号貯蔵庫。現在は見学用で、
実際に使われているものではないようですが、
ここで長い時間をかけて熟成されていたんですね。

ウィスキー博物館看板
見学用としては最後の建物が、『ウィスキー博物館』
博物館内に、有料試飲できるバーコーナーがあります。

博物館ポットスチル
ポットスチルを実際に触ってみたりコンコン叩いてみたりできます。
熱の伝わる下のほうほど厚みがあって、上に行くほど薄くなっているのがわかります。

バレル(樽)
これは主にバーボンを作るような小さめの樽。

ピート
ピート(泥炭)を実際に触ってみることも出来たり。

第一号ウィスキー
これが第一号ウィスキーですって。
昔は、フタがコルクだったので、中身が少しずつ蒸発してしまったそうで、中身、減ってます。
熟成の樽の中でも、同じ現象は起きて、これを『天使の分け前』と言うんだそうな。

さて、見学コースはひとまずここまで。
で、ここからはさっき入った門を出て、ニッカ会館という建物で無料試飲タイム♪

試飲カード
試飲をしたい人はこのカードを提出します。
未成年ではありません、運転もしません、の誓約書的な。

試飲種類壁
ここではこの3種類が飲めるようです。

試飲3種
シングルモルト余市、スーパーニッカ、アップルワイン

試飲テーブル
おススメの飲み方も示してくれていて、
シングルモルト余市はトワイスアップ(水とウィスキーを1対1)
スーパーニッカはハイボール
アップルワインはロック

で、頂きました。

思いのほか、アップルワインが美味しくて、家に連れて帰ってきました。


有料試飲竹鶴
で、先ほどのウィスキー博物館に戻って、有料試飲コーナー(っていうか、雰囲気は完全にバー。)で、
もう街中では買えない竹鶴17年と、竹鶴21年を、頂きました。
15mlで、たしか17年が400円、21年が500円かな。
これを置いているホテルのバーとかだと、21年はワンショット2500円とかするらしいですから、
かなりお得な感じ。
確かに美味しい。飲みやすい。
正直、目隠しして飲んだら、どっちが17年でどっちが21年か、ワタシにはわかりませんけれども(^^ゞ
(・・・こういうニワカが日本のウィスキーの価格を吊り上げちゃったのかもしれませんね)

通常、一日1ページで記事を書いているんですが、今日は写真多めだったので、
この時点でまだ午前中なんだけど、ひとまずここで。

(つづきます)

スポンサーサイト



テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる