FC2ブログ

2019 京都&山口&四国ツーリング その4

松山へ

さて。
しまなみ海道の景色を楽しんだ後は、バイクで1時間ほど走って松山へ。
ホテルにチェックインして、シャワーを浴びて、洗濯するものを洗濯して、
干すものを干して、出かけたのが・・・

坂の上の雲ミュージアム
坂の上の雲ミュージアム。
司馬遼太郎はそれなりに好きだし、泊まったホテルから徒歩1分だったのもあって、
行ってはみたのですが、閉館30分前という事で、入れてもらえませんでした。
ちなみに『坂の上の雲』数年前に2巻まで読んで止まっています。
『竜馬がゆく』とか『国盗り物語』とか『燃えよ、剣』みたいな躍動感がイマイチ感じられなかったというか・・・
でもこんな記念館まで出来ちゃうほどの本なのね・・・
時間が出来たらまた挑戦してみようっと。

さて、気を取り直して、まずは食欲を満たしに。

鯛めし屋入口
予備知識なしに飛び込んだ『かどや』さん。
『鯛めし』なるものを食べてみようという事だけは決めていたので、
ホテルを出て最初に目に入った『鯛めし』に飛び込みました。

鯛めしと薩摩汁ご膳
『鯛めしと薩摩汁ご膳』
カウンターの上の部分に観葉植物が置いてあって写真に影が・・・
さすがに観葉植物をどける勇気とか非常識さは持ち合わせておらず。

作り方
お膳と一緒に『作り方』の紙をくれます。
店員のお姉さんも作り方を説明してくれます。
ワタシに説明してくれたお姉さんはまだ日が浅いらしく、
ベテランさんが後ろから船場吉兆のささやき女将のごとく、作り方をささやいていました。


鯛めしつくる
まずは鯛めし。卵の入っただし汁を混ぜて、鯛と薬味を入れて、白いご飯にかけます。

さつま汁つくる
こちらは薩摩汁。薬味を入れて、麦ご飯にかけます。
なんか、レンゲでかけるように言われたかもしれない。
言われたような気がする。まぁ、細かいことは気にしないようにしよう。

松山、20年ぶりぐらいなんだけど、前回、これ食べた記憶がありません。
美味しゅうございました。

さて、鯛めしも食べたことだし、次なる目的地へ。

路面電車
路面電車に乗って、道後温泉へ。

坊ちゃん時計1
駅前にあるからくり時計。脇には足湯もありました。これから温泉に行くから入らなかったけど。
たまたまちょうど7時になるところだったので、
ちょっと待ってみます。

坊ちゃん時計2
時計が伸びて、なにか始まりました。
坊ちゃんの登場キャラクターが踊ってるそうで。

からくり時計が終わって、アーケードを抜けて、道後温泉に向かいます。

道後温泉正面
道後温泉到着。今、道後温泉は壮大なリニューアル工事をしていて、
本館は入浴は出来るそうですが、上の休憩所が使えないそうです。

道後本館ラッピングアート
裏側(東側?)は、こんな風に巨大なラッピングがかけられています。
『道後REBORNプロジェクト』っていうのをやってるらしいんですけどね、
手塚治虫プロダクションとコラボしているみたいなんですけどね、

火の鳥
どうなんだろう、これは笑うところ?

本館は、20数年前に一度来た事があるし、休憩所が使えないという事だったので、
道後別館
2017年にオープンした、道後温泉別館 飛鳥の湯。
に、やってきました。
場所的には、本館から歩いて1分とか。

飛鳥の湯階段
中は、こんな感じ。

休憩室
『入浴+休憩』コースで中に入ると、2階の休憩室に上がれます。
本館にも同じような休憩室がありましてね、20数年前に来た時に、
『ここで浴衣に着替えてください。女性の方は更衣室で着替えて頂いても結構です』
みたいな説明があって、オジサンたち、こういう広間でいきなりパンツ一丁になって着替えはじめましてね、
『なんか無茶苦茶な場所だな、道後温泉って』と思ったことを思い出しました。
今回は空いていて、オジサンも誰もいなかったので助かりました。

浴衣レンタル
そうそう、浴衣とメッシュバッグは貸してもらえます。
タオルはついていないので、50円で借りました。

お風呂は当然ながら写真ナシ。
湯船につかりながら、プロジェクションマッピングも見られました。

お茶菓子
お風呂上りに休憩所に行くと、お茶とお菓子を出してもらえます。

道後温泉を後にして、駅に向かいます。

坊っちゃん列車
駅前にある、『坊っちゃん列車』
これはレプリカですが、今でもこの形の列車、走ってるみたいです。
なにも予習してないので、殆ど知りません。

道後温泉駅
夜の道後温泉駅。
また路面電車に乗って、ホテルに帰ります。

明日は船に乗って帰るだけなんですが、もう一日だけ続きます。

スポンサーサイト



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる