スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスに行ってみた。その6

8月4日 ツェルマット~スネガパラダイスへ

駅前 馬車
朝のお散歩に出かけます。
駅前まで、こんな馬車がお出迎えしてくれるホテルもあるんですね。
(ここ、お高くて手が出なかったホテルだ(^_^;))

木のプランター
『なんという事でしょう!匠は、木をくり抜いてプランターにしてしまったのです!』

墓地
お墓までこんなにオシャレ。
出来ればこういう素敵なお墓に入りたいんだけど・・・
いまのところその方法が見つからず。

日本人橋
さて、ここは通称『日本人橋』。
おそらく、ココに写っている人達、全員日本人です。
で、私を含め、その日本人の皆さんが一生懸命撮っているのが・・・

マッターホルン!
ようやく逢えたマッターホルン(^^)
見る角度によって本当に形の変わる山なんですが、
私は、やはりこの形が一番好きかも。


さて、お散歩から帰って、ゆっくり朝ごはんを食べて、出発です。
スネガ行きケーブルカー
ツェルマットの村から3分で行ける展望台、『スネガ・パラダイス』に向かいます。
標高差690mを3分で一気に上がり、2,288mへ。

レオ様
レオ様が出迎えてくれました(え?違うの?)

ライゼー
スネガ駅から少し下ったところにある、ライゼー(湖)。
逆さマッターホルンを撮りたかったんですけど、
マッターホルンは雲の中だし、
湖でお子さんが遊んでて波紋が立ってるし。

やっぱり早朝に行かなきゃダメなのね(T_T)

ライゼーパノラマ
でも、景色は相変わらず素晴らしく。


さて、ここからツェルマットの街まで、ハイキングです。
予想所要時間、90分。
ミニチュア1
そしてふと、カメラについていた機能を思い出して使ってみる。

ミニチュア2
まあ、悪くない感じ?

案内板
分岐点には、こんな風に案内板があって、
方向と所要時間を教えてくれます。
基本的に『ZERMATT』を目指して下っていけば大丈夫。

1件目のレストラン
ハイキングルートの途中に、エラい魅力的なカフェ?が。
ま、満席のようだったので、先を急ぎます。
いや、でも、ここのソファーでビール飲みながらノンビリしたかったなー。

2件目でビール
更に下った所に、もう1件お店を発見。
マッターホルンにビールで乾杯!

フィンデルンバッハの滝
ある意味、このコースを選んだ1番の目的が、この橋から見える
『フィンデルンバッハの滝』。
・・・なのに、くま君にピントが・・・(T_T)
バカか、自分・・・。



さて、ツェルマットの街に降りてきて、これからあの橋の上を通っている登山電車に乗って、
3,100m地点にあるゴルナーグラートに向かいます。


(つづきます)

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ジオラマモード、かわいい(*^^*)

いやーしかし、いちいち可愛過ぎて辛くなるレベル(T_T)やっぱり日本はどんだけ新しく綺麗にしてもアジアなのよね~

Re: タイトルなし

>ハルキさん

> ジオラマモード、かわいい(*^^*)

あざーす。
けっこうお気に入り。ちょっと小高いところから見下ろす感じの所につくと、
とりあえず撮ってみるクセがつきました。

> いやーしかし、いちいち可愛過ぎて辛くなるレベル(T_T)やっぱり日本はどんだけ新しく綺麗にしてもアジアなのよね~

ね。旅の途中はなるべく鏡を見ないように・・・・(^^ゞ
プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。