スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスに行ってみた。その7

8月4~5日 ゴルナーグラート・クルムホテルへ

そもそも、今回の旅のきっかけ、っていうのがなんだったかというと。
ツェルマットから登山鉄道で登っていった3,100m地点に、
それはそれは予約の取りづらい『クルムホテル』というホテルがありまして。

ここに泊まって朝焼けのマッターホルンを見てみたい!と、
何年も前から思っていたわけで。

それで、ちょくちょくネットで見てたんだけど、
何ヶ月も先まで、全く空室がない!

でですね、今年の1月に、スイスについていろいろネットで検索していたら、
グリンデルワルトの日本語観光案内所のHPに、
『8月4日、マッターホルンビューの部屋、押さえました。早い者勝ち!』
という文章を見つけまして。

もうね、あとのことはなんとかなる!なんとかする!
ってな感じで、勢いで予約。

この1泊の予約をきっかけに、今回のスイス旅行は始まったのでした。


ゴルナーグラートバーン駅
ゴルナーグラート駅へは、ツェルマット駅の目の前の、この駅から、
登山鉄道が出ています。

くまと電車
ゴルナーグラート行きの登山鉄道。

座席テーブル
電車内の、飲み物を置くミニテーブルに地図が。
この赤いルートを通って、ゴルナーグラートまで登っていきます。

見えてきた
見えて来ました。ドキドキ。

ゴルナーグラート駅看板
さて、ゴルナーグラート駅に到着です。
3,089mありますから、急に走ったりしないほうがいいです。

(・・・って、昔来た時に添乗員さんに言われたのに、
坂の上にセントバーナードがいるのを発見して、
『あ!ヨーゼフだ!』とか言って坂を駆け上がったら、
心臓がバクバクしだしてヤバかったのを今でも思い出します。)

自動改札
屋外に、自動改札。
ここ、雨も雪も降るだろうし、
冬は氷点下数十度とかになるだろうに、大丈夫なんでしょうかね?
ま、あるってことは、大丈夫なんでしょうね。

3人娘
3人娘で記念撮影。
『娘』って呼んでいいのか、よくわかりませんが、
かしまし娘よりは全員年下なんで、ヨシとして下さい。

レオ様お出迎え
ここでもレオ様がお出迎えしてくれました。
(え?違うの?)

クルム外景
とうとうやってきました。
昔は、駅から坂をだらだら上がってきたんだけど、
今はエレベーターが出来て、ホテルまでスムーズに辿り着けます。

昔ココにいて、エラい可愛かったヨーゼフと記念撮影がしたかったんだけど、
スネガハイキングでビール飲んだりしているうちに、
勤務時間終了して、帰っちゃったみたいでした。

3100
エントランスには、このホテルの標高である『3100』の文字が。

ホテルドア
このホテル、部屋は23室かそれぐらいしかないのに、
部屋番号は3934。

じつは、この付近にある山の名前と標高が、部屋番号とお部屋の名前になっているんですって。


ゴルナーグラート駅ミニ
部屋の窓から、ゴルナーグラート駅が見下ろせます。
マッターホルンも見えるはずなんですが、
マッターホルン、恥ずかしがり屋さんで、なかなか出てきてくれません。

山の上、このホテルしかないので、夕食、朝食付き!
・・・なのに、写真が1枚もありません。
酸素薄くてぼーっとしてたんだろうか・・。


翌朝。
クルム雲海パノラマ

日の出を見たくて、ホテルからもう少し高い所にある展望台へ。
ホテルの下、一面の雲海!
なかなか見られる景色じゃないですよね。

くま雲海日の出までもうすぐ
雲海を見ながら、日の出を待ちます。

日の出1
お!

日の出くま
お日さまだ!

夜明けのクルム
夜明けのクルムホテルと、その向こうに朝焼けのマッターホルン!
・・・のはずだったんですけど、
もう、マッターホルンさん、またも雲の向こうです(T_T)


さよならヨーゼフ
今日の予定があるので、ツェルマットに向けて、電車に乗ります。
昨日はいなかったヨーゼフが、私達と入れ違いに上がって来ました。
一緒に写真撮りたかったなー。


さて、明日は再び『世界の車窓から』な感じで、あの電車に乗りますよ。


(つづきます)

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ヨーゼフ♪(´ε` )本当に樽(?)首に付けてるんだ〜

しかし、一部屋早い者勝ちって、ご縁と勢いですなぁ( ´ ▽ ` )

>ハルキさん

> ヨーゼフ♪(´ε` )本当に樽(?)首に付けてるんだ〜
>
> しかし、一部屋早い者勝ちって、ご縁と勢いですなぁ( ´ ▽ ` )

そうそう、で、本当に樽の中に遭難者救助のためのウィスキー?入れてるかどうかは不明。
たぶん入れてない。

はい、常に『ご縁と勢い』で生きております、ワタクシ(^^)
人生が面白い方に転がっていくよね、ご縁と勢いに従うと。

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。