スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の余韻。

栄光の岩壁


『栄光の岩壁』 新田次郎

18歳の時に八ヶ岳で遭難して両足の大半を失いながらも、
日本人として初めてマッターホルン北壁を征服した『竹井武彦』の物語。


この夏、スイスに着いてから、
ツェルマットやゴルナーグラートで、
マッターホルンの見えるホテルのテラスでビールを飲みながら、
じっくりとこの本を読むつもりだったんだけれども、
まあ、忙しく動き回っていて、旅行中は1ページも読むことが出来ず。

ニッポンに帰ってきてから、仕事を休んだぶん残業をこなして、
ブログなんかもUPしてみたりして、全然読む暇がなく、
ようやく先週あたりから読書再開。

グリンデルワルトとツェルマットが出てきて、
『あー、現地で読めば良かった』って思いながら読み進み、
最後の北壁登山では、そのハードさに息苦しさを感じながらも、一気に読破。

山岳小説を読むのは好きなんだけど、
今回、アイガー北壁やマッターホルンをわりと近くで見て、
『やっぱりここに登ろうと思うとか有り得ない!』
って、思ったはずなのに、
本を読み終わったら、アイガーとかマッターホルンって、
どうやって登るの???なんて気になって、
YOU TUBEで探したら、最近はビデオカメラ持って登って、
登山の様子をUPしてる人がいるんですねー。

しばらく見入っちゃいました。

あと10歳若かったら、夏山に限り、チャレンジしてみたくなりました。
たぶんしないけど。


ちなみのこの物語の主人公『竹井武彦』には実在のモデルがいて、
芳野満彦さんとおっしゃる方で、今年の2月に80歳で亡くなっていたのですね。
さっき知りました。

凄そうな世界だけど、私は本の中で楽しむだけでいいかな、寒いの嫌いだし。


そろそろ、旅の余韻に区切りをつけて、
オートバイとグライダーに復活しなければ、ね。


スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

いや、なんか、近いうちに挑戦しそうな感じがする<マッターホルン

あ、すいません(笑)
初めまして、です

グライダーとか、オレもやってみたい

>sololyさん

>sololy さん

いらっしゃいませ(^O^)
はじめまして。

マッターホルン、ノセられたら挑戦しちゃいそうな・・・
いや、やろうとしたら、オートバイもグライダーも封印しないと資金的に無理そうだし・・・イモトさん応援するだけにしときます。

ブログ、拝見しましたが、北海道育ちですか!
次回の里帰りの時にはぜひぜひ滝川滑空場でグライダー体験飛行、
してみてください。
私も北海道ツーリングの時、何人か友達ライダーをココに連れて行きましたし。

なんか、長くなっちゃいましたが今後も遊びに来て頂ければ幸いです(^^)

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。