スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 ロンドン&コッツウォルズ&エジンバラ旅行記 その2

あのスタジオへ!!

イングリッシュブレックファースト ウィンダミア
英国は、とにかく朝ごはんは美味しいけど晩ごはんはゴニョゴニョ・・・と言われるぐらい、
朝ごはんが美味しいです。
今回はほぼ全日、イングリッシュブレックファーストが食べられる宿を選択しました。
本来の『フルイングリッシュブレックファースト』は、さらにソーセージやハッシュポテトや
焼きトマト(なんていうんだっけ?)、など盛り沢山なのですが、食べきれなくても申し訳ないので、
好きなモノをチョイスします。

普段はコーヒー派なのですが、この1周間ですっかり紅茶派になりました。

さて、朝食を食べて、出発です。

パイロットストア
ホテルの隣にあった『パイロットストア』
覗いてみたかったのですが、朝から晩まで出かけていたので結局入れず。

ゴールデンツアーズ チケット
今日は、これ。こういうツアーに参加します。
ハリポタ バス
このバスがヴィクトリア駅の近くに迎えに来てくれて、バスで1時間とちょっと。

ワーナースタジオ入り口
『ハリー・ポッター』のセットやら小道具やら大道具やら衣装やら、ありとあらゆるものが展示されています。
市内からは離れているので、どうしようかと迷っていたのですが、
送り迎え付きのバスツアーがあるのを発見して、発着点のあるヴィクトリアに初日の宿を取りました。

階段下の部屋
完全予約制なので当日いきなり行っても入れないらしいです。
で、入場までの列の途中にある、あの部屋。
待ち時間も楽しませてくれる感じは某ネズミーランドによく似ています。

ホール入り口
この大きな扉の向こうにホールがあって、スタジオツアーの始まりです。

ホール 衣装
扉が開くと、いきなり印象的な食堂が出てくるのですが、感心していて全体写真を撮り忘れた模様。
先生たちの衣装なんかも飾られています。

廊下
こんなセットがあったり、
学校 部屋&ベッド
これも実際に使われていた魔法学校の寮のベッド。
後半はみんな背が大きくなっちゃってベッドに入りきれずに足を外にだして上半身だけ撮影したんだとか。

教室とか学校の門だとか、いっぱいあったのですが、キリがないので省略。

機関車
そして印象的な機関車。

9と4分の3番線
9と4分の3番線への入り口。
ちなみに横に幾つか同じものがあって、あまり並ばずに撮影できます(^^ゞ

機関車内
機関車の中にも入れるようになっていましたよ。

バタービール
そしてバタービール!
ジョッキを洗う水道があって、ジョッキはお持ち帰り出来ます。
(正直、けっこうお高かったですけど)

紫バス
『アズカバンの囚人』に出てきたあのバスも。
中にはちゃんとベッドも作られていました。

あの橋
そしてあの橋。
あの橋内部
この橋、中に入って通り抜けることも出来ます。

ダイアゴン横丁
ダイアゴン横丁も。
ホグワーツ24分の1
ホグワーツ魔法学校の24分の1サイズ(だったかな)の全体模型。
24分の1 その2
かなり細かいところまで作りこんでありましたよ。

そして14時30分、再びバスに乗ってロンドン市内へ戻ります。
ラッピングバスなので外の景色はあまり見えませんが、
車内で『ハリー・ポッターと賢者の石』を流していたので退屈しませんでしたし。

正直、私は3作目までしか見ていませんでしたが充分楽しめました。
全作見ているファンの人は時間足りないかも、と思うほどでした。

移動も含めて、ほぼ一日費やす事になりますが、ここ、おススメです。

あ、この日は夜の部もあるんだけど、長くなったからまた次回。

(つづきます)

スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。