スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 ロンドン&コッツウォルズ&エジンバラ旅行記 その6

9月12日 今日は1日エジンバラ三昧!

どこにカメラを向けても絵になってしまう街なので、いつもより写真多めでお送りさせて頂きます。

朝食の部屋
まずは朝食会場からステキ。

ドリンク&フルーツ&パン
ドリンクとパンとシリアルとフルーツはここから。

ブリティッシュブレックファースト1
こんな感じの

ブリティッシュブレックファースト2
ビュッフェスタイルのブリティッシュブレックファーストでした。
着席
ポーチドエッグとマフィンとソーセージ、トマト、ハッシュドポテト、パンケーキ、あとクロワッサンですかね。
毎日こんな優雅な朝食を食べる生活に憧れます。

さて、今日は1日エジンバラの街を歩きますよ。

バロニー外観
昨夜の到着時は暗くて撮れなかったバロニーハウスの外観。
確か、建物自体は1900年に建てられたとか。
中は綺麗になってました。部屋の中にあとからつけたシャワールームもあり。

ロジアンバス
宿からは、このバスで街の中心まで10分ぐらいだったかな。

ロジアンバス1日券
バスは1回1.5ポンド。1日乗車券は4ポンドなので、3回以上バスに乗るなら1日乗車券のほうがお得。
『ワンデイチケット、プリーズ』で4ポンドを箱に入れると、この券が印刷されて出てきます。
おつりは出ないので、要注意。

さて、町の中心部に出てきました。
16年前は、バスの乗り方もわからず、とにかく街が綺麗で、
10時間以上ひたすら歩いていたのですが、
今回は効率重視で市内循環バスを利用します。

サイトシーイングバス
最初に乗る時に14ポンドを支払うと、1日乗り放題。ルートの途中のどこからでも乗り降りできます。
イヤホンで観光案内が聞けます。
日本語の案内もありました。
効率的に市内を見て回るにはけっこういいかも。

オープンバス
見晴らしもGOOD。

バスからの眺め
旧市街のメインストリート『ロイヤルマイル』も通ってくれます。

見上げるエジンバラ城
駅の反対側から見上げるエジンバラ城。
徒歩でこちらまで来るのは大変だから、このバスを使うのはアリですね。

さて、バスは1周1時間ぐらいで街をひと回りするのですが、今日はとても行きたいところがあるので、
半分ぐらい乗ったところで降ります。

ホリルード宮
ロイヤルマイルを東側に下りきったところにある『ホリールードハウス宮殿』
かつてのスコットランド女王メアリー・スチュアートも住んでいた宮殿で、
現在は英国王室のスコットランドでの正式な宮殿になっているので、
王室の人が滞在している時は見学できません。

で、この日は、入れました。よかった~。

ホリルード中庭
宮殿の中庭。撮影が出来るのはここまで。

この後、オーディオガイド(日本語アリ)を聞きながら、宮殿内を見学出来ます。
スコットランド女王メアリー・スチュアートの物語には引き込まれます。
イングランドとスコットランドの両方の王位継承権を持ちつつも、
イングランド女王エリザベスに幽閉されたり、
旦那の嫉妬が原因で仲の良かった友達?を目の前で(57回だったかな?)メッタ刺しにされたり、
それで流産しかけたり、その現場となった部屋が普通に公開されていたり、
最後は反逆罪みたいな罪に問われて、罪を認めれば命は助ける、って言われたんだけど、
スコットランドの民のためにそれは出来ない、って言って、
斬首の刑になるんだけど、1回で切れなくて3回かかっちゃったとか、
でもその最後を選んだおかげで息子がイングランド王に即位できたという、
なんか短くまとめられないけど、すっごい人生を歩んだ人のようです。

ホリルードアビー
宮殿を出てくると、横にはアビー(修道院)跡地があります。
メンデルスゾーンがこのアビーと中庭を見て、
『スコットランド交響曲』を作ったという話をガイドブックで読んでいて、
i出発前にiPodに曲を入れてきてここで聞こう・・・と思いながら忙しくて忘れていたら、
オーディオガイドから流れてきてかなり嬉しかったです。

アビー外から
この時はあいにくの雨だったのですが、かえって雰囲気があっていい感じでした。

さて、普段のブログではこのぐらいのボリュームで終わるのですが、
今日はまだ半分・・・後はさくさく行きます、たぶん。

石畳・ロイヤルマイル
宮殿見学を終えて、ロイヤルマイルをぶらぶら歩きます。

ジャクソンクロース
そこらじゅうに、こんな小路があって、

クロースを歩く
適当に入っていくのがなんとも楽しく。

聖ジャイルズ教会2
そうこうするうちに、『聖ジャイルズ大聖堂』まで来ました。

聖ジャイルズ協会
中を見学したかったんだけど、なんか入れないっぽい&人が集まってる・・・
あ、結婚式があるんだ!

ミニ花嫁
エラい可愛いけど、ずいぶん若い花嫁さんですね・・・

本物花嫁
あ、違った、本物はこっちでした。
許可とってない赤の他人だから載せられないけど、本当に美しい花嫁さんでしたよ。

さて、まだお昼を食べてないぞ、ということで。
お昼のお店
ここに入ってみることに。

エジンバラのお昼
フィッシュ&チップスと、海老のフリッターと、本日のお勧めオーシャンパイ。
なんていうか、ここも『あれ?凄く美味しい!!』
っていう、不思議な感覚。
日本のテレビで見た『ホットトティー』っていう、
ウイスキーと蜂蜜とレモンを使った飲み物が飲んでみたくて聞いたら、
メニューにはなかったんだけど作ってくれました。

ここのお店も凄く気に入りました。


エジンバラ城入り口
時間があまりないので、中までは入れないけど、入り口まで行ってみようと、エジンバラ城へ。
中に入るのは明日でいいや・・・・・・・・(って、思ってたら、ちょっとアクシデントがあって入れなかったんですけどね)

スコッチウィスキーエクスペリエンス1
スコッチウィスキーの歴史や製造法を乗り物に乗って学べるらしい、
『スコッチウィスキーエクスペリエンス』

スコッチウィスキーエクスペリエンス2
入り口は近代的なつくり。

目の前で・・・
しばらく並んでいたら、お姉さんが札を持って出てきて、
私の目の前で『今日はここまででーす。明日は10:00オープンだからよろしくー』
って。
並んでる人間ぐらい最後まで入れなさいよ!
って、心の中でだけ文句言いました。
ま、仕方がない。

ロイヤルマイルくま
出来ることなら住んでみたいです、この街。
今現在、住む方法を思いつかないのですが。

住めないにしても、次は1週間ぐらい滞在してみたなぁ。

明日、あと半日ぐらいこの街で過ごしたら、ロンドンに帰ります。

(つづきます)




スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

歴史のある国はちゃんと歴史をお勉強していろんな知識があると、何倍もたのしめるんですねー。

海外に数日でも滞在できるのって本当に尊敬します。

>くのいちさん

何も調べずに行くこともありますけどね、特にエジンバラは思い入れのある街なので、
事前に勉強してたら非常に充実した旅になりました。

まあ、私が行くのは比較的治安のいい観光地ばかりですから、そんなに難易度高くないです。
プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。