スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 ロンドン&コッツウォルズ&エジンバラ旅行記 その7

9月13日 エジンバラからロンドンへ

2日間お世話になったバロニーハウスをチェックアウト。
次回もここに来ますから!

今日は片道なので、1・5ポンドを払って路線バスで駅まで。

クロース 石階段
駅前でバスを降り、今度はこのクロースの石の階段を上って、

聖ジャイルズ3
昨日、結婚式をしていた『聖ジャイルズ大聖堂』へ。
この日は日曜日で、どうやら10時から朝の礼拝があるらしく、
『聖歌隊の賛美歌が聞きたい!』ということでミサに参加。

ステンドグラス1
ミサの間は写真撮影は許可されていないので(ミサ以外でも撮影料が2ポンド)、
ミサの写真はありませんが、ただ座って静かに聴いていようと思ったら、
『みなさん、中心にお集まりください』って言われたので、
周りの人を見ながら動作を真似をしました。
で、回ってきたパンを一口ずつちぎり、杯で回ってきた赤ワイン(ぶどうジュースだったかも)をひとくちずつ頂き、
左右の人と『ゴッドブレスなんとか・・・』とかいいながら握手して、
ミサは終了。

ステンドグラス2
あ、私はクリスチャンではありませんが、おそらく、観光地にあるような教会で、
『礼拝に参加されますか?』って聞いてくれるようなところは、
普通に参加させてもらって問題ないと思います。

(あとから調べたら、あのパンとぶどうジュースを頂く儀式は『聖餐式』といって、
洗礼を受けた人が参加するものであるとの記事もありますね。
でも、『来る者は拒まず、去る者は追わずだから深く考えないでいいよ』的な
ことを書いている人もいるのでそちらを信じます。)

もともと16年前、この街に来る事を薦めてくれた旅行会社の添乗員さんが、
エジンバラの協会でミサに参加させてもらって、よくわからないけどパンを口に入れてもらっちゃった、
っていう話を聞いたのが印象に残っていて、同じ体験が出来たことが嬉しかったんです。
水野さん、元気かなぁ、今何してるだろう?

ここまで立派な大聖堂って、日本にはないので、
ヨーロッパに行って大聖堂を見つけると、優先的に時間を作って入るようにしています。
ゆっくりとした時間が流れていて、穏やかな気持ちになれる気がします。

バグパイプお姉さん
さて、大聖堂を出て、駅の北側にある新市街へ。
街なかで、バグパイプを吹いているおじさんはわりとよく見るのですが、
バグパイプを吹いているお姉さんは初めて見ました。

トラムくま
エジンバラでは2014年からトラムが走っているそうです。
これも乗ってみたかったんだけど、まあ次回にとっておきます。

港行きバス
エジンバラには4種類の市内観光バスがあって、この色のバスだけは港のほうを回ります。
これに乗って、港のほうを初訪問。

ブリタニア号入り口
世界各地を訪れてきた英国王室の船、ブリタニア号がリース港に係留されていて、
船内を一般公開しています。

船内へ
船内の各部屋を見て回れます。
ダイアナ妃も新婚旅行で乗ったんですって。

車も積んでる
甲板に、こんなふうに車も積んでいったんですね。

船内1
私も北海道に行くときによく船を使いますが、なんか別物です。
(そりゃそうですね)

船内食堂
食堂も豪華。
私は船旅のときは2等寝台でおつまみと缶ビールなんですが。
(あ、そんな話はどうでもいいですね)

今日はこのあと長い電車の旅があるので、
早足で見学をすすめて、駅に戻ります。

ウェーバリー駅
エジンバラウェーバリー駅に戻ってきました。

キングスクロス行き
16:00発。ロンドンキングスクロス駅行きの直行電車。時間通りに発車予定です。

電車(ヒコーキ)
とりあえず飛行機の絵には反応します。
『BATTLE OF BRITAIN MEMORIAL FLIGHT』・・・なんだろう?
帰ってからググりましたが、WW2中の戦闘機とかが展示されている博物館が、
英国内のどこかにある感じ?


さよならエジンバラ
さよならエジンバラ。
またすぐ来るからね。
(って言いながら、再訪するのに16年かかっちゃったんだけど)

カールスバーグとポテチ
今日の夕食は、電車の中でカールスバーグとポテトチップ。

夕焼け
5時間の長旅。夕焼けがエラい綺麗で、『帰りたくな~い』と感傷的な気分に。

キングスクロス着
21時過ぎ。ロンドン キングスクロス駅に到着。
ハリーポッターで、『9と4分の3番線』の撮影が行われたのはこの駅です。

今は、撮影用の『9と4分の3番線』やハリポタショップがあるらしいです。
もう遅かったのでたぶんやってなかったし、寄らなかったけど。

セントパンクラス駅
キングスクロス駅のお隣の『セント・パンクラス駅』
美しい駅でした。ホテルもあるのかな?

ガーガーチキン
ご紹介が遅れました。エジンバラから連れて来た『ガーガーチキン』
ほんとの名前は『ラバーダック』らしいんだけど、
夏ごろの『世界の果てまでイッテQ』で出川が大英博物館で『Do you know ガーガーチキン?』
って言ってたのが気に入って、私の中でもガーガーチキンになりました。

この日は、普通のホテルでバタンキュー。
あと1日だよ~帰りたくないよ~。

(次回、最終回につづきます)






スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バグパイプ=アンソニーって思いつくオレはおじさんですかそうですか

>くまさん

時代的にはリアルタイムと言っていいぐらいのおばさんな私ですが、
まともに見てなかったので、アンソニーと丘の上の王子様は同一人物だと思っていました。
プロフィール

YUKO

Author:YUKO
ご訪問、ありがとうございます。
過去の記事にも気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。